1 はじめに

 みなさんは器物損壊罪という罪を聞いたことがありますか。

 字面から想像すると、物を壊す罪だろうなと多くの人が思うでしょう。

 それは正解なのですが「損壊」を突き詰めていくと、単純な話ではありません。

 器物損壊について解説します。

 

2 器物損壊罪の条文

 器物損壊罪は、刑法261条に規定されています。

刑法第261条

 前3条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する。

 このように記載されていると,この犯罪を理解するには,この条文の前の3条の条文を見なくてはなりません。

 この前の条文は、以下のとおりとなっています。

(公用文書等毀棄)

第258条 公務所の用に供する文書又は電磁的記録を毀棄した者は、3月以上7年以下の懲役に処する。

(私用文書等毀棄)

第259条 権利又は義務に関する他人の文書又は電磁的記録を毀棄した者は、5年以下の懲役に処する。

(建造物等損壊及び同致死傷)

第260条 他人の建造物又は艦船を損壊した者は、五年以下の懲役に処する。よって人を死傷させた者は、傷害の罪と比較して、重い刑により処断する。

 つまり、器物損壊罪は、文書や建物以外の物を損壊した場合に成立する犯罪なのです。

 個人の財産を守るための犯罪であることは、上記の3つの条文の場合と同じです。ただ、壊される物が建物などと比べれば、価値の小さい場合にあたります。ですから、刑も軽いし、後で触れるように親告罪とされています。

 

3  器物

 器物というと、どんなものを連想されるでしょうか。「器」と書いてあると、なにか固いものを連想される方が多いかと思います。でも、そうとは限りません。法律の条文には「物」としか書いてありません。

 可愛いワンちゃんは「物」です。可愛くなくても、犬は器物損壊の「物」にあたります。ですから、他人の犬を殺害すれば、器物損壊罪が成立します。

 「うちのポチは家族だ。物などとは失礼な。」とお感じになる方がたくさんいらっしゃると思います。でも法律の世界では人の身体以外の有体物は「物」となります。有体物とは形のあるものとでも考えればわかりやすいかと思います。

 仮に犬が器物ではないとすると、あなたが家族だと思って大切にしているワンちゃんを隣のおやじが殺しても、処罰されないということになります。100均で買ってきた茶碗を壊せば器物損壊として有罪、飼い主にとって家族同様の犬を殺せば無罪となってしまうなんて納得できないでしょう。

 なお、犬だけでなく、猫もウサギも「物」ですし、熱帯魚も「物」です。

 

4 他人の物

 器物損壊が成立するには、犯人が「他人の」物を壊すことが必要です。自分の物を自分で壊したら器物損壊罪成立で処罰されるなんて変ですよね。

 ただこれは、あくまでも器物損壊罪という犯罪が成立しないという意味です。「動物の愛護及び管理に関する法律」という法律があります。自分が飼っている犬を理由もなく殺せば、この法律第44条第1項で2年以下の懲役又は200万円以下の罰金に処せられます。自分の物であっても、自由にできるわけではありません。 

 

5 損壊とは

 器物損壊罪は、他人の物を「損壊」したときに成立します。

 損壊とは,これまでの裁判例では,「物質的に物の全部,一部を害し,又は,物の本来の効用を失わしめる行為をいう」とされています。小むづかしい言い方ですが、「本来の効用を失わしめる」とは、使えなくすることだとお考えになって結構です。

 また,裁判例では,損壊には「事実上もしくは感情上,器物を再び本来の目的の用に供することができない状態にさせる場合を含む」ということになっています。物を壊してしまうことはもちろん「損壊」にあたります。ただ、それだけでなく,心理的な問題で使えなくなるようにすることも,「損壊」にあたるとされます。

 また,物が完全に使えなくなるまでは必要でなく,その物が本来持っている価値を低下させることも損壊とされます。

 裁判例では以下のような行為が「損壊」と判断されました。

 

6 損壊と判断された具体例

(1)料理店の食器に放尿した行為

 一度尿の付いた食器は,きれいに洗って、消毒したとしても,それで食べたり、呑んだりする気にはならないでしょう。食器として使用できなくなったのですから損壊したと言えます。

(2)看板を取り外す行為

 看板の本来の効用を喪失させるとされました。看板は誰からも見えるところにあってこそ看板ということでしょうか。

(3)掛軸に「不吉」と書く行為

 掛け軸の効用を失わせるとされました。こんなことを書かれたら、もう掛けられないでしょう。「なんでも鑑定団」に出そうとしても、出場することさえできないかもしれません。

(5)校庭に杭を打ち込んで保健体育の授業を妨害する行為

 保健体育の授業その他生徒の課外活動に支障を生じさせたので、運動場として使えなかったことになります。運動場全部ではないにしろ、一部でも運動場としての使用をできなくさせたことから、損壊にあたります。

 このように、物を破壊しなくても、「損壊」にあたるという場合があります。「損壊」という言葉から連想するものとは少し違います。

 

7 親告罪

 器物損壊罪は親告罪です。親告罪とは、被害者の告訴がなければ,検察官が起訴できない犯罪です。処罰するか否かを被害者に判断させようとするものです。

 上記のように、食器に放尿したような場合、被害者としてはとんでもないことをしてくれたと思うでしょうが、警察沙汰にまですることは控えようと考える場合もあるでしょう。

 

8 未遂について

 器物損壊罪には未遂の処罰規定がありません。

 刑法は,未遂については,未遂を処罰する旨の規定があるときのみ,未遂を罰するとしているので,器物損壊罪が未遂に終わった場合には,処罰されません。

 例えば,看板を取り外そうとして、はしごをかけ、看板を持って1㎝程度持ち上げたが、思い直して、そのまま元の位置に戻したような場合には、まだ取り外していないので、未遂ということになります。この場合、犯罪は成立しません。

 なお,看板を取り外すために、他人の敷地に入った場合は,住居侵入罪という別の犯罪が成立する可能性があるので,ご注意下さい。

 

9 まとめ

 器物損壊罪の損壊概念をご理解いただけましたか。

意外な行為が器物損壊にあたることもあることがお分かりいただけたと思います。

 器物損壊罪で逮捕された方は,すでに説明したように,器物損壊罪が親告罪であることから,被害者と示談を進めることが大切になります。交渉のプロである弁護士にまずはご相談下さい。

 また,嫌がらせ行為などを受けている方で,どうしようもないと諦めている方も、加害者に器物損壊にあたる場合、告訴することでそれをやめさせることができるかもしれません。そんなことも弁護士に相談してはいかがでしょうか。

 予断ですが、ワンちゃんは大事にしましょう。物でも家族ですから。